2015/06/06

ミナミヌマエビのヒゲで遊ぶ子メダカたち

メダカ水槽をよく観察していると、子メダカたちが何かをツンツンしておりました。

よ~く見てみると、ツンツンしていたのはミナミヌマエビのヒゲ(触覚)でした。

遊んでいるのか、エサと間違えているのかは分かりませんが、そんなことをされても平然と水草をツマツマしているミナミヌマエビの大人の対応・・・見習わなくてはいけません。

それにしても、子メダカたちはどんどん成長していきますね。生まれたての頃よりもひと回り大きくなりました。

聞くところによると、生まれてから約2か月ほどで成魚になるとか・・・今からだとちょうど真夏の頃ですかね。早く成長した姿を見たいものです。

そして、今日もミナミヌマエビのヒゲを飽きもせずツンツンする子メダカたち・・・この狭い水槽の中では、遊ぶものが少なくて退屈なのですかね。

ミナミヌマエビも、そんな子メダカたちの気持ちを察してか、特に怒ることも嫌がることもせず、黙ってヒゲをツンツンさせているのは立派です。

こういう姿を見ていると、ちょっとしたことで腹を立てている自分が恥ずかしくもなりますね・・・まさか人生の教訓をミナミヌマエビに教えられるとは・・・ありがとう、ミナミヌマエビたちよ・・・。

大きくなったらミナミヌマエビさんに感謝しろよ、子メダカたち・・・。

スポンサーリンク

人気の投稿

スポンサーリンク

Google+ Followers