2015/07/02

ミナミヌマエビがいつの間にか増えてました

マツモとウィローモスのトリミングも済み、何となく水槽を眺めていると、何か小さいものがピンピンと動いている・・・何だろと思ってよく見ると、なんとミナミヌマエビの稚エビでした。

毎日観察していましたが、抱卵していることにも気づきませんでした。いつの間に・・・。

小さすぎて数えることができませんが、結構な数いるようです。

ミナミヌマエビの繁殖も難しくないと聞いていましたが、これほど簡単に自然繁殖するとは・・・。

ミナミヌマエビは寿命も短く、そのうち水槽からいなくなるのかなあ・・・と思っていたら、あっさり増えてしまいましたね。なかなか旺盛な繁殖力です。

メダカと違い、小さくてもフォルムや動きは親と同じです。いや~かわいらしい・・・ミナミヌマエビが増えるのは想定外でしたが、何でも赤子はかわいいものです。

もう少し大きくなれば何匹いるのか確認できそうですが、ほんとに小さくて今は分かりません。親がまた抱卵したらどうしよう・・・欲しいお客さんにでも分けてあげましょうかね・・・そんなお客さんがいるかどうかは分かりませんが・・・。

それにしても、抱卵していることにも気づかないなんて、何だか娘が妊娠しているのに全く気付かなかった親のようで悔しい・・・。

ミナミヌマエビの子供たちよ、早く大きくなっておくれ・・・。

スポンサーリンク

人気の投稿

スポンサーリンク

Google+ Followers